人類働態学会2008年度夏季研修会(沖縄)のご案内


 沖縄は出生率は全国でトップですが、1人あたりの県民所得は最下位であり、地域の高齢化、社会機能の維持は問題となっています。宮城樹正(みやぎたつまさ)さんは、小学校中学校の廃校後に設けた社会福祉法人容山会あさひの丘施設を運営されている方です。今回、この研修会で全面的にお世話になります宮城樹正(みやぎたつまさ)様は、沖縄本島最北端の村、国頭村で、最近、廃校となった小・中学校跡に設けた社会福祉法人容山会楚洲あさひの丘施設の施設長です。宮城様には特別講演で沖縄の歴史・特色・問題・この施設の設立運営などについて話していただく予定です。今回の夏季研修では、時間的な制約もあるため、十分な見学とまではいきませんが、この施設に宿泊してもらい、その活用ぶりを見ていただきます。また宮城様は、沖縄県内でここにしかないものを見せてくださる企画を提示して下さいました。ヤンバルクイナ(夜行性)の見学体験計画です。沖縄ゆえの社会状況・自然・食&酒を体験していただければと考えています。

スケジュール
 6月20日(金)
17:30 名護バスターミナル集合(高速バス降車位置)。マイクロバスで施設(国頭村楚洲(くにがみそんそす)の楚洲あさひの丘)へ移動(19時頃到着)
 6月21日(土)
8:00施設発。マイクロバスで大学へ(11時頃到着予定:途中休憩あり)。

費用
 1万円(宿泊&食事、酒&マイクロバスでの移動代金込み)

申し込み期限
 5月31日(先方での調整が必要です。この期限内、できれば5月19日までにお願い致します。)

注意
 行きは、名護名護バスターミナル集合です。15:45那覇空港発の高速バス(到着予定17:30)を待って、出発します。那覇市内から名護向けの路線バス乗車の場合、最低2時間半をみておいてください。なお、いずれのバスにもトイレはついていません。

連絡・問い合わせ先
 〒903‐0207 沖縄県中頭郡西原町字翁長777
 沖縄キリスト教学院大学人文学部英語コミュニケーション学科
  近藤功行
   e-mail:noriyuki@ocjc.ac.jp
   FAX: 098-946-1241(学内事務局設置)
   電話:098-946-3790(直通)
---------------------------------------------------------------------------------
  夏期研究会に来られる先生方に(那覇空港から名護バスターミナル直行高速バス)

 那覇空港を午後に出る名護バスターミナル向け111番高速バス
   那覇空港(発)   名護バスターミナル(着) 
   12:30       14:15 
   13:00       14:45
   13:30       15:15
   14:00       15:45
   14:30       16:15
   15:00       16:45
   15:45       17:30 このバスまでを待ちます。 
   16:45       18:30
   17:30       19:18
   18:15       20:03

  那覇空港は到着後の荷物受け取りまで、旅客数が多い便では時間を要します。名護行きのバス停は、ANA利用者側に近い方にバス停があります。飛行機の到着後、荷物を受け取られた先生方への名護行き高速バスのご案内です(夏期研究会へ直行される場合)。
  国頭村楚洲の会場へはマイクロバスでの移動手段でないと無理があります。17:30到着のバスが遅れてもこの高速バスを待ちますが、それ以降の便での
  対応が厳しい現状です。夏期研究会ご参加の先生は、このバス便でお越し下さいますようお願いします。